言いなりにはならない!

交通事故の被害者になった場合、体の不調を感じたらすぐに病院へ行く必要がある。

治療費は保険会社が負担してくれるが、突然治療費が打ち切りになることもある。

そうなってしまえば治療費は自己負担になる。

しかし治療費の打ち切りというのは、請求できないというわけではない。

症状固定や完治すれば請求できないが、それ以外であれば請求することができる。

交通事故に巻き込まれたせいで、体に不調を感じているのであれば完治させたいと思うのが本音である。

もし障害として残ってしまった場合、それなりの慰謝料をもらうべきだ。

保険会社はできるだけ負担したくないので、なんとか安い金額で示談させようとしたりする。

もちろんすべての保険会社ではないが…。

保険会社の言いなりになってしまうと損する可能性もあるので、戦う気があるのであれば弁護士を雇うべきだ。

弁護士がいればこちらの要求も通りやすくなる。

もちろん優秀な弁護士ではないと無理だが…。

交通事故治療費打ち切りへの対応

まさかこんな悩みがあるとは

職場に突如現れた50代の男性。

この男性は他の部署にいたのだが、なぜかいきなり移動してきた。

見た目はちょい悪おやじという感じ。

もうちょい悪おやじは死語?

ノリも良くてすぐに馴染んでいった。

しかし、この男性は娘のことで悩んでいた。

飲み会でたまたま隣の席になったときに、娘の相談をされたのだ。

結婚して4年になる娘は妊娠中だとか。

しかし妊娠中に旦那が浮気したそうだ。

娘が泣いて電話してきて離婚すると言い出したとか。

確かな証拠はないので、探偵に浮気調査を依頼したそうだ。

そしたら2人の女性と浮気していたことが分かった。

たしかに妊娠中に浮気されたら腹立つだろう。

今後一人で育てるか、それとも一度だけ許すべきか悩んでいるそうだ。

しかし親としては怒りを抑えきれないという。

そりゃそうだろうな。

職場ではノリが良く明るい感じなのに、こんなヘビーな悩みがあったとは驚きだ。

このことは誰にも言わないでほしいと言われたので内緒にしている。

横浜の浮気調査におすすめの探偵事務所

雨の日は特に気をつける

5月もあと少しで終わり。

6月になると梅雨になり、洗濯物も乾かなくなる。

しかも湿気が多くなるのでフローリングがベタベタして気持ち悪い。

一番キライな季節が梅雨時期だ。

それから雨が降ると視界が悪くなり、運転がしにくい。

ただでさえ運転が得意ではない。

それなのに雨になるともっとしにくくなる。

交通事故を起こさないように慎重に運転する。

速度もあまり出さないのだが、それにより煽られることもある。
法定速度で運転しているのに煽るって問題だ!

煽る人たちは事故を経験したことがないのだろう。

早く目的地に着きたいなど自分の欲求ばかりを優先する。

そのせいで事故に巻き込まれたら迷惑だ。

煽るのは軽自動車に乗っている若者が多いように感じる。

たまたまかもしれないが、若者に遠慮する必要はない。

これからも雨の日は特に安全運転をする。

これにより交通事故が減っているとしたら嬉しい限りだ。

もしも交通事故の被害者になってしまったら弁護士に相談するのが一番だ。

交通事故示談交渉に強いおすすめ弁護士

半年で離婚した

愛人ばかりしていて結婚に興味がなかった親戚が結婚した。

しかし半年もしないうちに離婚した。

40までは結婚に興味がなかったが、子供が欲しいという思いが強くなり結婚した。

しかし、結婚相手はバツイチで子供が5人もいたのだ。

子供が5人もいると養育費だけでも毎月支払うのも大変である。

結婚する前に言ってくれれば結婚しなかったかもしれない…と後悔したそうだ。

離婚するか迷ったそうだが、結局信頼することができずに離婚した。

結婚前に正直に話してくれていたら違った結果になっていたかもしれない。

もし探偵に結婚前調査を依頼していたら違った結果になっていたかもしれない。

ただ半年で離婚したとなると親戚からも冷たい目で見られる。

次結婚するときも本当に大丈夫?という目で見られるだろう。

子供はほしいけど結婚はこりごりと言っているので、精子提供を考えているのかもしれない。

結婚前にはしっかりと調査しなければこういったことにもなる。

結婚調査のやり方とおすすめ興信所

見栄のために借金

人間にはプライドというものがある。

貧乏に見られたくなくて、収入に見合った生活をしていない…ということはないだろうか。

お金がないのであれば、それなりの生活をすればいいのに、見栄で高級車を購入することもある。

返済できればそれでいいが、返済に困るとさらに借金することも。

こうやって借金が膨れ上がることもある。

車だけでなく、洋服や時計など高級品を購入していると、あっという間に借金は増える。

そして返せなくなると自己破産をする人も多い。

事業に失敗したとか連帯保証人になったとかいうだけでなく、こういった人たちも自己破産するのだ。

自己破産というと借金を返さなくていい!チャラになる!と考えがちだが、それなりにデメリットもあることを理解しなければいけない。

デメリットも理解した上で自己破産を選択するのであれば、弁護士にお願いしよう。

弁護士は知り合いに紹介してもらうなどが確実だが、自己破産のことがバレたくないのであればネット検索するといい。

自己破産を弁護士に頼むとどうなるのか?

家出する大人

家出をするのは中学生や高校生などの反抗期を迎えた子供たちだけだ。

なんて思っていないだろうか?

そんなことはない。

大人でも家出する人はいる。

理由は色々とあるが、リストラされて家を出る人もいるのだ。

家族にバレたくないという気持ちなのかもしれないが、家出までしなくても…。

帰ってこなかったら家族は心配する。

そしたら警察に届けることになる。

それでも見つからなければ、休日を利用して探したり探偵を利用することになるだろう。

身勝手な理由で家出をすれば家族が迷惑するのだ。

家族に迷惑かけないためにも家出はやめたほうがいい。
悩みがあるのであれば家族に話をするといい。

一緒に解決策を見つけてくれるはずだ。

家族に心配かけるのだけは本当にやめたほうがいい。

もし、家族の誰かが家出したとすれば全力で見つけ出す必要がある。

探偵を使ってでも見つけ出さなければならない。

費用はかかってしまうが、自分で探すよりも高い確率で見つかる。

家出人捜索におすすめの探偵事務所

ブラックな従業員

昨今、マスコミを賑わせているブラック企業。

従順な性格の社員を限界までこき使って使い捨てにする経営者がいる。

とんでもない奴らだと思う。

しかし、社員の側にもブラックな奴はいる。

例えば、確信犯のサボり営業マン。

毎日、外を回って映画を見たり、パチンコをしたりして過ごす。

あるいは女の家に入り浸ったり。

普通の人間ならサボり癖があってもさすがに100%サボるのはまずいと思って、少しは仕事をする。

しかし、まれにはどっぷりとサボりの毎日にハマる奴もいる。

こういう奴だって最初はビビりながらサボってたはずだが、社長や営業部長がしっかり叱れないからどんどん増長して元に戻れない怪物に成長するのだ。

腐ったリンゴの例えの通り、他の営業部員、ひいては社員全員の士気に与える影響は計り知れない。

対策は簡単なことであって、素行調査をかけてサボりの証拠を押さえ、それをつきつけて解雇すればいい。

仮病で労災を不正受給しながら長期休職している奴も同じ。

会社の秘密をライバル会社に売り渡している奴も同じ。

そういうのをバッサリ斬り捨てる覚悟もない奴が上に立っているのが間違い。

ブラックな企業も嫌だが、ブラックな社員にやられ放題の会社も嫌だな。

やっぱり職場というのは爽やかなものであってほしいね。